ブイヨン

Soup and Stories

Soup and Stories

スープと物語

この度、Soup and Storiesという新たなサービスを立ち上げました。

Soup and Storiesは、スープとそれにまつわる様々な物語をお届けする取り組みです。
素材にはたくさんの物語があります。
それを育ててきた人の想い、受け継がれてきた背景、文化、人々の営み。
素材たちがつないできた物語をお楽しみ頂きながら、滋味深いスープを味わう「 幸せな15分 」をお届けいたします。
あなたの人生に、食を通して少しの「 豊かさ 」をお届けできると幸いです。

Soup and Stories

|なぜスープなのか

10年間店を続けるにあたって、幸運なことに多くの生産者や素材との出会いがありました。
そのどれもがとても魅力的で、守り、次世代に伝えていくべき大切なものだと感じました。

「 食を通して、ストーリーを伝えたい。」

その際に頭に浮かんだのが、Lampのシグニチャーディッシュでもあった沖縄県産野菜のスープです。
お肉料理やお魚料理などもお出ししている中、多くの人に「一番印象に残った」と言って頂けたのが、この野菜のスープでした。
今の時期に取れる沖縄の野菜と水、塩だけで作り、唯一意図的に味を作っていないこの料理は私自身いちばん味わって頂きたい料理でもありました。
スープには、ほっと安心する優しさがあります。
しっとりと身体に染み込まれていくような、自然のエネルギーを感じます。
美味しく作ろうと思えば、じっくり向き合う時間が必ず必要な料理です。
食べ手を想う気持ちが味に現れるのでしょう。
全ての食材を無駄なく使い切れるところも魅力の一つです。
スープというフィルターを通し、沖縄の生産者の想い、土の力強さ、風の香りをお伝えし、あなたの人生に少しの

「 豊かさ 」をお届けできると幸いです。

上江田崇

野菜スープ

熊本水害ゆいまーる島野菜プロジェクト③前のページ

ゆいまーる島野菜プロジェクト④次のページ熊本水害

関連記事

  1. 野菜スープ

    Soup and Stories

    沖縄野菜12種のスープ

    | 野菜料理としてのスープこんにちは、上江田です。私たちがお…

  2. ミネストローネ

    Soup and Stories

    スープの分類

    |スープの意味現在ではスープという言葉は一般的に広く使われて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 森で拾った木の実

    考えたこと

    地産地消を考える
  2. 熊本水害

    考えたこと

    ゆいまーる島野菜プロジェクト②
  3. Lamp店内

    Lamp okinawa

    Lamp okinawaについて
  4. ミネストローネ

    Soup and Stories

    スープの分類
  5. 熊本水害

    考えたこと

    ゆいまーる島野菜プロジェクト⑤
PAGE TOP